セサミンと善玉コレステロール

コレステロールというと、メタボの原因という悪いイメージがあります。
しかし、コレステロールは本来、ホルモンや体の細胞膜などを構成する大事なものなのです。
新しい細胞を作り出したりホルモンを正常に分泌させるために、体内では常にコレステロールが作り出されています。

コレステロール生成に深く関わっている臓器が肝臓です。
アルコールの摂取量が多かったり、脂っこい食事が多いと、肝機能が低下してしまいます。
機能が低下している肝臓がコレステロールを作ると、悪玉コレステロールばかりを作り出してしまうのです。
悪玉コレステロールが血液中に増えてしまうと、動脈硬化や生活習慣病を引き起こしてしまいます。

そこで、取り入れていただきたいものがセサミンです。
セサミンは、肝機能を向上させる作用があります。
セサミンは、主に肝臓で抗酸化作用を発揮するので、肝細胞の酸化を防いで機能をアップしてくれるのです。
肝機能が正常に機能するようになれば、悪玉コレステロールではなく善玉コレステロールを多く生成できるようになります。
また、セサミンは血管内で活性酸素と結びついて悪さを行うことを防ぐ効果もあるのです。

悪玉コレステロールが増加する原因は、遺伝や病気によるものもありますが、多くの場合は食生活や生活習慣の乱れが原因です。
外食や脂っこい食事が多い方、喫煙や飲酒の習慣がある方、ストレスを抱えやすい方は、セサミンを摂って、悪玉コレステロールを減らしていきましょう。

セサミンを効果的に摂取する方法はサプリです。
セサミンのサプリは数多く販売されているので、形状的に飲みやすいものや経済的に続けやすいものを選ぶと良いです。

セサミンを過剰に摂取しても、すぐに悪玉コレステロールが減少するわけではありません。
毎日決められている量をコツコツ飲んでいくことがポイントです。
食生活や生活習慣の改善を心がけることはもちろん、サポート的なアイテムとしてセサミンのサプリを選んでみてくださいね。